2012年12月30日日曜日

スマホ用HTML5CSS3の入門書

せっかくの年末年始休みなので、いよいよ本格的に、と思っているのですが、
ちょうどいい本というのがなかなか見つからず、手当たり次第買ってみた。


チュートリアルは公式のごく始めvogella.comでやっていたものの、
やっぱり本がいい、と思ってkindle本やら印刷本やら色々買ったものの、
一番最初に読みたかったのはこれだった。



 ◎ 作ればわかる!Androidプログラミング 10の実践サンプルで学ぶAndroidアプリ開発入門


これが一番コスパというか、バランスが良いかと思った。
アプリの例が10個。
けど色々網羅している。

が、1個1個が機能単位でまとめられているというよりかは、
コンセプトでいくつかの機能を組み合わせているので、
1個やるだけで色々学んだ感じになる。



ほか、購入した本というと、

 ○ Beginning Android Games by Mario Zechner (kindle)

Androidでゲーム作成をする本。
文がものすごく読みやすい、とかではないけど、
ゲーム製作、ということで少し歴史的なことも書いてあり、
まあ面白い本かとは思う。
2Dの簡単なものから3Dまでカバー。
サンプルゲームはほどよい難易度と思われる。

Android技術固有の問題は最初に扱ったあとは、あとはゲームプログラミング固有のグラフィック更新のタイミングや色深度の計算などの話が結構多いので、

Androidの勉強をしたいけど楽しくやりたいからゲーム!

という人よりかは、

たくさんの人にやってもらえるように、Androidでゲームを作りたい

というわりと時間のさける人向けなのではと思います。

いや、もう少し時間があったら、本当にゲーム作りたいですけど。


 △ Pro Android Web Apps: Develop For Android Using HTML5, CSS3 & JavaScript by Damon Oehlman, Sebanstien Blanc(kindle)

これがけっこう曲者。

HTML5/CSS3/JavaScriptということでかなり気になるキーワードだったけど、
サンプルコード配布が見当たらず、
しかも本文の説明も途中から、
どこにコードを追記しているのかよくわからない記述になっていて、
ちょっと保留中です。


 by 山田祥寛

そういう意味ではこちらのほうがすんなり。
アプリの目標は最初から見えていて、
けどxamppを含めた環境のインストール手順が細かく、
なんといってもコードを追記していく部分の説明手順がすごく細かいので、

なんでそこにそのコードを書くのか

がわかりやすい。
これは他の入門本にも見習ってほしい。


つまりは、最新のものを期待して英語で無理して読むより、日本語の本買ったほうが良かった?


- by Mizuk

2012年12月23日日曜日

WordPress

連休だから色々ためていた宿題を…と思っていた中の一つがこれ。

後々のために、そろそろサーバーなんか自分で準備できたほうがいいんでは、と思っていた。

WordPressがやりたい、PHPとmysqlを自在に動かせる環境がほしい、なんて思っていた。

というわけで、まず 000webhost.com で自分のスペース借りました。

特にこれについてはネットで色々なところに情報があったのでその通りにやったら登録まで終わりました。

で、問題がWordPress。


WordPressのインストール方法 - WordPressの歩き方


にしたがって、すぐできるんだろうと思ったら、




サーバーにアップロードするときはpublic_htmlフォルダ下に置く。(apache/phpやってれば基本?)

アップローダで、wordpressのDLしたもののコンフィグファイルだけを自分のmysqlデータベース接続情報に書き直して保存。
あとはアップロード、と言われて

ファイルを1個1個アップロードしようとしたらめんどくさいのなんのその

→Zipファイルのアップロード機能がある

→ただし1度のアップロード上限が5Mとかで、wordpressをまるごとzipしたものはアップロードできない。

→フォルダを1個1個zipしたものをアップロード

→zipファイルが展開されない!

→よくみたらアップローダに通常のファイルをアップロードするボタンとzip系ファイル(アップロードと同時に展開)アップロード用のボタンという2つの入り口がありました。



なんて、テレビ見ながら作業していたら2、3時間かかってしまった。

どこかにはものの5分で導入可能、なんて書いてあったのに、
へんに難しく考えて時間がかかってしまうのが私のクオリティの成せる技だと思う。

あとは


あたりを読んで、もう少しサマになったら、人様にもお見せできるだろうか。



- by Mizuk

2012年12月16日日曜日

HTML5

HTML5が意味論的なタグづけアプローチになり、サードバーティプラグインの助けを必要としなくなった、というその話はわかるのですが、

もうそっちに行くしかない!っていう人



いやいやまだうちはIE6,7ですから

という方もおられるので、いかにそういう移行を促すのかというのは、技術レベル、またビジネスレベル、色々なところでやっていかないといけないのでしょう。


私はとにかく短く書けたり、
環境ごとに書き分けたりしなくなるのが良いと思うのです。
楽ができるのがよいと思うのです。

結局Polyfillのようなものが入ってくると、実は結局面倒なんではないの、とも思ってしまうから。

jQuery2.0はIE8以下はばっさり切るというし。

結局、いずれはなくなっていくからなあ。



まあそんな話の中でも、ちょっと違う方向に行きそうなのが、

canvasはその中でも再び職人領域を生み出す好きな人にはたまらない系の予感がする。

21 Ridiculously Impressive HTML5 Canvas Experiments

あとは主にゲーム系か。


- by Mizuk

2012年12月9日日曜日

windows8

いつ切り替わろうかと迷っている…

生活が何かとあわただしい時期なので、
やはりやるなら年末なのか、と思ってしまう…

今使っているwindowsノートは今年の夏に買ったHPのSSDドライブのWindows7機、ENVY 14 SPECTRE
そこそこの速いと手軽さで気に入っている。

もし、入れ替えるとしたら…

 ○ この筐体なら、Windows8画面になっても、釣り合いもいいと思う。

 ○ やっぱり、最新のOSは入れてみたい。

 × 入っているソフトは、有料のものは自分では入れていないし、
ただMcAfeeセキュリティ2年分とAdobe Photoshop Element, Premiere Element,このあたりのバンドルソフトがアップグレードで使えなくなるとしたら、もったいないかなあ

 × 残りはMacなので、当然これでWindowsが使えないと色々困りそう。

 △ windows8 ウィキを見ると、別に問題はないけど、別にメリットもない気がする。

 × あとは私のはSSDのノートなので、CDとかなくて、
リカバリのときに結局またWindows8まで入れなおさないといけないとしたら、
とても面倒くさいのかとも思う…

 × この前みたいにVMに乗せるか?でもHDD容量食うし、(SSDドライブだからなのか、容量は少なめ)やっぱり面倒……

もうちょっとだけ様子見ましょうかね…

- by Mizuk

2012年11月25日日曜日

PHP

PHP、自分のwebプログラマ暦を考えると、
なんで今までやってこなかったのか、
という気もするが、連休でデビューした(つもり)。

Windows版XAMPPをインストールし、
kindle版テキスト

Learning PHP, MySQL, and JavaScript: A Step-By-Step Guide to Creating Dynamic Websites

で勉強中。
確かにTomcatとJavaのような面倒くささはない!

けどファイル系の処理はfgetsとか、Cっぽいのだな。

とりあえず会社にあるコードが読み解けるようになるまで、
けっこうまだかかりそう。

やっぱり勉強用サンプルコードは
理想論で書いてありますからね…

- by Mizuk

2012年11月18日日曜日

Nexus7 のdeveloper modeが消えた件

久しぶりにNexus7デバッグモードにしてPCにつないでから、
Settingにいつものデバッグモードのアイコン({})がないことに気がついたのでした。

最近システムアップデートしたのは覚えているんだけど、
まったく無いってことは…?

と思って調べたら、

http://rootzwiki.com/topic/36349-nexus-7-42-update-is-a-go-for-the-manual-method/page__st__30

About tablet>Build number

を10回タップしろだって。

やっぱりデフォルトでそういう操作ができるのは
やばいという配慮だったのだろうか。


- by Mizuk

2012年11月4日日曜日

Internetとinternet

web系の仕事をしつつ、どうしても最新を追おうとして基本ができていないところがある。
ネットワーク。
私はコンピュータサイエンスの学位こそとりましたが、
今の仕事を考えると、時間のある時にこういう講義をとっておきたかったな、
と今更考えています。

そんな悔い改める毎日の中で、名著「TCP/IP Illustrated, Volume1: The Protocols (Second Edition)」を読んでいますが、やはり基本て、基礎だけど、それなりのボリュームがある。

突き詰めるとどれだけ自分が抜けているかがわかってしまい、情けない。

で、そういう部分ではないのかもしれないのだけど、ちょっと目に留めたところが……

... The lowercase internet means multiple networks connected together, using a common protocol suite. The uppercase Internet refers to the collection of host around the world that can communicate with each other using TCP/IP.

(1.4 Internets, Intranets, and Extranets)

internetのほうは「共通のプロトコルスイートを用いて一緒に接続されている複数のネットワーク」、なのに対しInternetのほうは「TCP/IPを用いて互いに通信できる世界中のホストの集合」で、

The Internet is an internet, but the reverse is not true.
やっぱり小文字のほうが広義だと。

こういうのを、(必要のないタイミングで)何かの折に重箱の隅をつつくように直されると、何でそこまで、と思ってしまう部分がありながら、こういうのを読むと、それなりに気になりだしそうでもある。
そもそも日本語で「インターネット」って書いたら大文字小文字もありませんが、やはり最初にこういうセオリーをビシッと作る人は、言葉の定義までひとつひとつ細かく編み上げていくのだな。

私なぞは気分とプレッシャーですぐに言うことがブレることが多いですが、
こういう文を書くときだけは、筋を通していきたいものです。

- by Mizuk

2012年9月28日金曜日

読書中2 (技術系)





Responsive Web Design with HTML5 and CSS3 by Ben Frain


何とか終わった。
わりと導入的な内容なのと、
頭をそれほど使うようなプログラミング関連の本、
というのではなかったのが良かった。

なんといっても各章でダウンロードできる
HTMLとCSSのソースコードがついているのが良かったと思う。

ここでもDLできるけど。

Responsive Designというのが最近のモバイル・タブレット主流のwebデザインの中で
どうして重要になってくるのか、W3Cの解釈なども時折引用しながら
説明していて、HTML5とCSS3が何もわからない状態から読んでも
いい本だったと思う。



Domain-Specific Languages by Martin Fowler


最近技術系の人と話をする中でMartin Folwerの名前を数回きき、
リファクタリングの本なら読んでるんだけど、
と言いつつ、もっとどういう思想の人なのか読んでみよう、
と思って思い切って買ってみたけど…

まだ正直つかめない。
まだPartI のNarrativesを読んでいるところ。

デザインパターンみたいなもので、
これもパターンを知っていると、ほかの人と会話がしやすくなったりするのでしょうか?
と思いつつけっこう検索と併用して概念を理解しようとしています。

Closure, Adaptive Model, Dependency Networkあたりは聞き覚えがあり、
例に既に使っている言語が出てくれば比較的そういうものか、とも思うのですが
知らないプログラム言語とかの話をするときに、
便利になりそうではありますが、もうちょっと進まないとわからない。

- by Mizuk

2012年9月26日水曜日

Windows8 おためし3

VisualStudio 2012をWindows8にインストールした。

インストーラの帯がなかなか進まず、一晩放置していたら終了画面になっていたので、
なんだ時間がかかるだけか、と思っていたら、

まず起動アイコンを探そうと、Windows8のスタートメニューが探せず、ひと苦労。

Windows8はデスクトップメニューバーの右下にカーソルを持っていくと、
横からひゅん、とメニューが出るのだが、この中のsearchで

visual

とか入れてみたら出るかと思ったらない。

よく思い出してみて、インストールフォルダがまだ作業フォルダの下にあるんではと思ったら、
やっぱりそう。

Documentsの下に

Microsoft Visual Studio Ultimate 2012

というフォルダが。

で、この下のvs_ultimate

がそれらしいアイコンなので
実行!

だめ!


Setup Blockedというダイアログで

The .Net Framework installed on this machine does not meet the minimum required version: 4.5.50709.

というメッセージでした。

検索するとレジストリをいじってごまかしたりしないといけないみたい。
試用版だからといってこういう仕打ちか!


- by Mizuk

2012年9月17日月曜日

Windows8 おためし2

このあいだインストールしたWindows8のVirtualBoxを起動しようとしたら、変なメッセージが。

選択した仮想マシンにアクセスできません。

何もしていないはずなのに…

詳しいメッセージを見ると、

Runtime error opening '[VMをインストールしたフォルダ]\win8.vbox' for reading. -102 (File not found).

そのフォルダ自体に見覚えはあるのだが、自分で触った覚えはない。
が、VMが一度強制終了してしまったことがあって、そのあと触っていなかったので、
そのときからだめだったのか…。

このエラーを検索すると、windows seven forumというところがあり、まさにそれに関する投稿が。

.vboxはハードディスク自体というよりかはVMの状態を示すxmlファイルだということなので、
もともと使っていたハードディスクのファイル(.vdi)を指定して設定を作り直せばいいとのこと。

という操作をしていたら時間がたってしまった…
今度こそ使い倒したいんだけど…

- by Mizuk

2012年9月12日水曜日

Windows 8 おためし その1

あの四角いインタフェースを自分でさわってみたくて、Windows8評価版をダウンロード、インストール。


目標は、開発環境をつくるところまでなんだけど、UIを触っているだけで意外と面白くて(というか操作が途中わからなかったりもして)、
1日過ぎてしまった。

やったことは、


1. Virtual BoxのDL、インストール
2. BIOS設定で仮想化支援VT-xを有効化
3. Windows8のインストール

まあ実際は試行錯誤だったので1から3までを前後している。

2.は、私のPCがHP製のWindows7だから?


公式ページから、Virtual Box Windows64bit版をDL(VirtualBox-4.1.22-80657-Win.exe)。
続いてWindows8RPのイメージをDL。(Windows8-ReleasePreiew-64bit-English.iso)
3G超えるので、こっちを先にDLし始めていたほうがいいのかも。
ページに書いてあるプロダクトキーも控えておく。

で、VirtualBoxにWindows8RPのイメージをインストールしようとする。
最近にMacのVirtualBoxにCentOSをインストールした覚えがあり、流れはなんとなく予測できたのだが、

「新規」ボタンをクリックして、

オペレーションシステム: Microsoft Windows
バージョン: Windows8(64bit)
メモリ: 1500MBくらい (デフォルトのままにした)
仮想ハードディスク: 新規25GB, VDI, dynamically allocated

のような感じでディスクを作ってインストールしようとすると、

「仮想化支援機能(VT-x/ADM-V)を有効化できません。
64ビット ゲストOSは64ビットCPUを検出できず、起動できません。」

と出てしまう。

何のことか、と検索をかけてみると、ほかにも同じ症状の人がいるらしい。

とりあえず私のPCでは再起動ESC押し→F10でBIOS設定画面を出し、
System ConfigurationでVirtualization TechnologyをONに。

これで起動しなおし、
同じ手順でインストールをしなおすと…進んだ!


というわけであとは好みで

Language to install:English(United States)
Time and currency format: Japanese(Japan)
Keyboard or input method: Microsoft IME
keyboard: English

インストール自体は何度か再起動しつつ、実質30分くらい。
けどログイン用にメールアドレスを登録したりしないといけないで、
用意してなかった分ちょっと面倒だった。

めでたくインストール。
本当にあのキャプチャのような画面が出た。

ウィンドウというよりかは四角で構成されたレイアウトが全体を覆うような画面。
最初はどこをクリックして外に出たらいいのかわからなかったり。

次はVisual Studioインストールに挑戦したいです。

- by Mizuk

2012年9月2日日曜日

Python

Pythonはもっと触りたいのですが、

オライリー本Natural Language Processing with Python (by Steven Bird, Ewan Klein, Edward Loper)

を読んだあと、長いことほったらかしに。
ちなみに上の本は結構話題が豊富でためになりました。

自分で何か新しいものが作れるようになるには、
結構課題がいりそうな感じですが、
統計学のあたりの勉強の復習にもなったので良かったかと。

で、つい最近Djangoも簡単ときいたので早速OSX10.6にインストール。

最初のチュートリアルをとりあえず終えた。

このあたりのプロジェクトの作り方はRoRに近いものを感じましたが、DRYだとこういう風になるのか?と感じながら、相変わらず結構ミスもしつつ。

例えば、
Database setupと言っているのに、
mysite/setting.pyで
ENGINEとNAMEを指定し忘れたせいで、



  File "manage.py", line 10, in <module>
    execute_from_command_line(sys.argv)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/django/core/management/__init__.py", line 443, in execute_from_command_line
    utility.execute()
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/django/core/management/__init__.py", line 382, in execute
    self.fetch_command(subcommand).run_from_argv(self.argv)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/django/core/management/base.py", line 196, in run_from_argv
    self.execute(*args, **options.__dict__)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/django/core/management/base.py", line 232, in execute
    output = self.handle(*args, **options)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/django/core/management/base.py", line 371, in handle
    return self.handle_noargs(**options)
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/django/core/management/commands/syncdb.py", line 57, in handle_noargs
    cursor = connection.cursor()
  File "/Library/Python/2.6/site-packages/django/db/backends/dummy/base.py", line 15, in complain
    raise ImproperlyConfigured("settings.DATABASES is improperly configured. "
django.core.exceptions.ImproperlyConfigured: settings.DATABASES is improperly configured. Please supply the ENGINE value. Check settings documentation for more details.



なんて出てきたりもして。
さらに、sqlite3指定でsyncdbすると


mysite kitsu$ python manage.py syncdb
Creating tables ...
Creating table auth_permission
Creating table auth_group_permissions
Creating table auth_group
Creating table auth_user_user_permissions
Creating table auth_user_groups
Creating table auth_user
Creating table django_content_type
Creating table django_session
Creating table django_site
Creating table polls_poll
Creating table polls_choice

You just installed Django's auth system, which means you don't have any superusers defined.
Would you like to create one now? (yes/no): yes
Username (leave blank to use 'user'):
E-mail address:


なんて言われるからちょっとビクッとしつつ無難なメアドを指定して…

やっぱり実用だと大規模で使うようなDBの設定をしないといけないのだろうな、
と思いつつ、Tutorialを進めて行きたいです。(Part4まであるようなので)


- by Mizuk

2012年9月1日土曜日

kobo touchとkindle touch


kindle touchが来たのは今年の2月頃。
7月入手のkobo touchもだいぶ使い慣れてきた…


スペック比較などはこんなところを見てもらうして、

http://iphone.f-tools.net/E-book-Jisui/Kobo-Kindle-Reader.html


主観で比較してみると、

  • 英語だけに関して言えばやっぱりkindleの方が『洗練されている』イメージ。
  • メジャーな英字新聞などをkindleで読んでいると、段組みなど、見た目がいかにもそれらしい。
  • kindleのスクリーンセーバーモードが固定画像。日本人にはちょっと違和感ある?ようなレリーフのような画像群。いっぽうのkoboは一番最近に読んだ本の表紙が出てくるようなので、こっちのほうが好き
  • koboは使い込んでくると面白みが出てくるが、そこまでいかずに何となく使わなくなってしまうと不幸かも
  • koboはせっかく日本語が読めるので、早く普段から読むようなものをコンテンツ化してほしい(あまり馴染みの無いノウハウ本などはkoboで出たからといってやっぱり買わないので)
  • 重さ、レスポンスの速さ、などはどっちもどっち。電子ペーパーは多少もっさりするのは仕方ないし、慣れればそんなものと思う


Kindleが洗練されているとかいう私の主張は個人的な嗜好も強いのでしょう。ただ、グラファイトっぽい質感とまあまあの軽さ、あとは文字のデフォルトでの見やすさが馴染みを早くさせる一因になったと思う。Koboはちょっとオールドマック(classic)をイメージしたのか?と思わせるアイコンやUI感があるのだが、個人的にはもっとオリジナル色とか、キてる感じがあっても良かったと思う。起動直後にKoboちゃんでーす!!とか人気のCVで周囲の迷惑を顧みずに最大音量で流れるとか(ちなみにkoboはkindleのような音声やMP3再生はない)。

まあkindleは既にPCやスマフォなどでkindleアプリを持っていて書籍も持っていたというバイアスもあるのだけど。

なお、操作感に関しても、koboよりkindleのほうがスマホのような割り切りの良さが感じられる。例えば、フォントの調節ひとつとってみても、kindleは具体的な文字の大きさでスケール指定するだけなのに対し、koboはスケールが本当にスケールの形をしているので設定してみるまで具体的な文字の大きさ感がわからない、というのと、フォントの種類や行幅指定なども結構多いです。これは『自分好み』に倒して行くのが好きな人はkoboのスタイルがいいのだろうけど。

あとはkoboは読書の分量は時間に合わせて後からじわじわ『○○のバッチを取得! △△ですね。』などアイコンつきで語りかけてくる、ちょっとしたコンシェルジュ的な感覚もある。その点kindleはかなりドライな執事な感じ。だからそういう風にするんだったら、やっぱりkoboは録音音声でいいから、なにかしゃべってくれても良かった気がするのですが…

あと自分はまだ最初のさわりしかやっていないけど、マイクロSDで食わせるなどして、自炊のEPUB形式の書籍も読めるらしい。そういう意味では、日本人のある種のユーザーの嗜好をそれなりに読んだということなのでしょうか。

今はそんなところです。


- by Mizuk

2012年8月27日月曜日

機械学習の特集



どうしてもレコマンドしてみたくて…
という人は読んでみるとよいかと思います。

-機械学習とは
-Mahoutの歴史

このあたりは興味を持った。
実はこのあたり、もっと学生時代に深めたかった気はする。

書いてある通りに手を動かしました。

・Eclipseのインストール…もともとしてあった

・Mavenのインストール(3.0.4)…とりあえず書いてある通りに。

・Mahoutのインストール←☆つまづきました。


mahout-distribution-0.7 kitsu$ mvn eclipse:eclipse
[INFO] Scanning for projects...
[INFO]                                                                        
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] Building Maven Stub Project (No POM) 1
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] BUILD FAILURE
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[INFO] Total time: 1.124s
[INFO] Finished at: Sun Aug 05 13:01:18 JST 2012
[INFO] Final Memory: 4M/81M
[INFO] ------------------------------------------------------------------------
[ERROR] Failed to execute goal org.apache.maven.plugins:maven-eclipse-plugin:2.9:eclipse (default-cli): Goal requires a project to execute but there is no POM in this directory (/usr/local/bin/mahout-distribution-0.7). Please verify you invoked Maven from the correct directory. -> [Help 1]
[ERROR]
[ERROR] To see the full stack trace of the errors, re-run Maven with the -e switch.
[ERROR] Re-run Maven using the -X switch to enable full debug logging.
[ERROR]
[ERROR] For more information about the errors and possible solutions, please read the following articles:
[ERROR] [Help 1] http://cwiki.apache.org/confluence/display/MAVEN/MissingProjectException


pomファイルというのが変?
と思い、mahout-distribution-0.7.pomというのもダウンロードして入れてみたりするんだけど、
最後までいかない。

結局、ダウンロードしなおしたのか、
しばらくして例のとおりのダウンロードログが出るように。
実際はすごく長かった。

・MahoutのソースコードをEclipseへインポート…これもEclipse使い慣れている人なら大丈夫な感だった。

・テストプログラム…その通りにやったら相関が出た。

・Hadoopで動かす←☆ちょっと面倒でした。

./bin/hadoop fs -put $testdir/inputdata.csv input/samples.txt

とやったら、

Error: JAVA_HOME is not set.

Mac OSXのJAVA_HOMEを探すのに一苦労。
いいのかわからないけど10.6あたりだと/Library/Java/homeということで、

export JAVA_HOME=/Library/Java/home

として再度 fs -put... のくだりを実行。

WARN util.NativeCodeLoader: Unable to load native-hadoop library for your platform... using builtin-java classes where applicable

が出たが気にしなかった。

最後のコマンド

./bin/hadoop jar /usr/local/bin/mahout-distribution-0.7/core/target/mahout-core-0.7-job.jar org.apache.mahout.cf.taste.hadoop.item.RecommenderJob -Dmapred.output.dir=output -Dmapred.input.dir=input/samples.txt --similarityClassname SIMILARITY_PEARSON_CORRELATION

打ったら、
わんさか途中経過が出てきてしかもなかなか終わらないと思ったが、
最後にはコンソールに制御が戻った。

参考文献:
機械学習ライブラリ『Mahout』入門(前編) - Software Design 2012年8月 技術評論社
機械学習ライブラリ『Mahout』入門(後編) - Software Design 2012年9月 技術評論社

- by Mizuk

読書中(技術系)

I am kitsutsuki.

Kobo Touch and Kindle Touch are my only friends.


Responsive Web Design with HTML5 and CSS3 by Ben Frain

I was flicking through the catalog to find the latest summary of HTML5 and CSS3 and I chose this one as it looked both reasonable and concise.


特集:機械学習ライブラリ『Mahout』入門 (Software Design 2012.8 - 9)

機械学習とかHadoopとかBig Dataとかそういう言葉の罠にまんまとかかり、
週末を過ごした。

途中おかしなこともあったけど、なんとかサンプルは動きましたよ。


Facts and Fallacies of Software Engineering by Robert L.Glass

こんな風に言いたい放題してみたいと思いつつ、
技術もおぼつかないチキンだと思ってしまい、
日々がすぎて行く。

いちおう続きを考えて構成されている本ではあるのだろうけど、
1個読んだら前のを特に覚えている必要もないので、
こういうネタに数字ふってある系の読み物が最近好き。


Text To Speechで女性ボイスで聞いたら、
ロボティックなやさぐれ具合がニューエイジしていて、
面白かった。

- by Mizuk