2014年5月29日木曜日

RaspberryPiワークショップに参加してきました

先週土曜のTokyo Hacker SpaceのRaspberry Pi Workshopに参加してきました。


ノートパソコンなども用意してくるように、
というお話だったので結構プログラム的な講義中心かと思ったのですが、
既に3回目ということで、組み立てて使えるものを作るところがメインでした。
(確かにはんだごてなどは家にはないのでここでないとできないし…)

はんだ付けというのを初めてやったのですが、(中学くらいのときに1回だけやったかな…?)
けっこう疲労した状態で行ったので集中力がなかったのもたたって、
ほかの参加者がちゃくちゃくと進めている中で、
ひとり延々と最初のボードにはんだを一生懸命のっけていたのですが、
主催者のつかまんさん、
マイケルさん、
そしてお名前わからなかったけど早く完成して
ほかの参加者の部品のテストをしてくれた方(!)をはじめ、
皆様のおかげで
無事完成しました。

自分で前に作ったやつは
USB接続のものなのですが、
けっこうとれる温度湿度があてにできないという話だったので、
こちらは安心して見ています。

液晶。一定時間で現在日付時刻と表示がきりかわる

温度センサーはこの青いやつ。家に持って帰ってたらはずれて端子が折れ曲がっていたのでびびったが、
落ち着いてはめなおしたらちゃんと動きました。

つかまんさんにもマイケルさんにも言われたのですがボードの穴同士ははんだでつながってしまうと
ショートしてしまう部分があるので、最初から丁寧にやったほうが良かったのですが、
なにぶん経験不足なもので、あとからカッターで切るのが結構大変でした。

video
myプロジェクトですすめているziggsちゃんコンシェル。(気温とニュース読み上げ)
良く考えたら気温を小数点以下2位まで読む必要はないのかも…
しょっちゅう電池がきれると動きのとぼしさをどうにかするのが課題

- by Mizuk

2014年5月13日火曜日

今度は天気をしゃべらせたい

Raspiコンシェル君に今度は天気を取得してほしくて、APIやRSSパーサーに何があるか検索中

 Raspberry Pi 使用例? なんかRasPiだと時間がかかって困るという話らしいが
 weather hacks 天気API livedoorの天気API。こういうのっていきなりサービス終了したりするのが怖いんだけど、終わる前にまずやってみるか。

- by Mizuk

2014年5月11日日曜日

Raspberry Pi SBComponentsで買う。

SB Components からカメラが届きました。

結局注文したのは以下の品。


  • カメラモジュール RBA_CAMERA 21.99£
  • ケース 4.39£
  • XBMCインストール済SDカード 7.49£
  • Raspberry Pi ModelB本体 29.99£
  • (総額から10%引き)割引 5.82£
  • 送料 8.75£
総額は結局61.14£(※)

※明細を見たら商品価格に送料が入ったり入っていなかったりなので
 どこに対して10%なのかはカートに入れて一度全額会計してみないとわからないっぽい

注文は4/30の夜、届いたのは5/10なのでそこそこ早いか。
中がぷちぷちになっている簡易包装みたいなので届いた。

初回のみ10%引きになるというので、少し多めに頼んで、
送料分は相殺できるくらいにしようかと思ったが、
あまり必要ないものばかり買うのはというのと、
とりあえず注文してどんな感じなのか知りたかったので…




簡易パッケージ包装みたいなので届いた。

ケース

これは成功。

噂どおり、GPIOポート、カメラコネクタとも通せるようなケースでした。
しかし上からやろうとすると大変なので結局それらのポートを使うときは
ケースをはずさないといけないのでした。
でも前のみたいに空けたり閉めたりしてるうちに壊れる、
ということもなさそうなので良かった。

カメラケース

これも見ればどこをどうはめればいいのかわかる感じですぐ後述のカメラをうまく取り付けられた。
というかこれがないとカメラが裸なので
何かに組み込む設計を前もって考えているのでなければ、
このケースも必須だと思う

カメラ

そして問題のカメラ。
接続コネクタが若干特殊な感じで最初にちょっと固定カバーみたいなのを上にあげてから
はめて、再び差し込むような動作が必要だった。

そして、コマンドラインで写真をとろうとしたのだが、
LEDは点灯するのだけどそのあと固まるというなぞの症状で
肝心の撮影ができず…。

既に同じような症状の人はいるみたいだけど、

きちんと接続ができていないんじゃないかとか
静電気で壊しちゃったんじゃないかとか、
そういう話のようであまりシステム的に何かが、、、
という診断・解決策は書いていない。

電源をタップからきちんととっているかどうかなどもかかわるらしいので
それは試してたほうが良さそう(今はMacMiniからUSBケーブルで普通の周辺機器みたいにつないでる)

予備にもうひとつ本体買ってるので、
そっちでも試してみるか…

 ★追記(2014/5/12)★ 電源を切ってから本体への接続部をもう一度かちゃかちゃしていたら、なんとなくリボンが浮くので少し触ってみたら固定がされていなかったので、ホルダーをきちんと落としてもう一度同じコマンドを打ってみたら、動きました。やはり物理的につながっていないって意外とあるのですね…





- by Mizuk

2014年5月6日火曜日

GW勉強まとめ

色々夢見つつ
結局何一つ達成はしていないんだけど、
ここからが始まりというところで。


Seleniumテスト

手順に関してはマイナビのこれをやるとそのままできた。

Seleniumは実は前職からやりたいと思っていたんだけど、
結局テストは検証チームがやったりするのと
気づいた頃にはもう仕事が忙しすぎたりして実現できなかった覚えがある。
今担当しているシステムはそこそこ若いので、
こういうのはシステムの若いうちに作っておくのが
いいと思うので、とりあえず正常系がいっせいに通せるような
テストにはできるようにしたいと思います。


nodejs

この本を買ったんだけど、
買ったばかりのraspberry piでやろうと思ったら、
どうにもなおらないので
raspberry piは他にも色々動かしてるものがあるからあまり色々入れないようにしようと自分に言い訳して、しかたなくcentosで実行。

そうしたら、今度は
4章あたりから同じコードを生成して修正していっているはずなのになぜか
サンプルコードと違ってしまって…


raspberry pi
GPIOポートを使うと、ケースからはずさないといけなかった件は、
英国のSb Componentsというネットショップでオープンケースというのを買ってみた。
といっても注文しただけなので届くまでどれくらいかかるかはよくわからないけど。

あとはこのpimoroniという店でも買ってみたいんだけど……




- by Mizuk

2014年5月2日金曜日

nodejsをraspberryPiにインストール

RaspberryPiに、という題目でまさに
thinkITこういうのがあった。

nodebrewというのが複数バージョン管理ができてよいらしい。

curlと.bassrcでPATHを通した後nodebrewが使えるようになるので、
あとは好きなバージョンをインストール。


実は本を買ったがきっかけで勉強しているんだけど、
そこにはLinux系だったら、

debianなら

apt-get update
apt-get install nodejs

と言って、でもこれをやると呼び出し時に

node

じゃなくて
nodejs

って打たないといけなかったりして気持ち悪かったので、

npmもインストールしたあと、
結局

sudo apt-get --perge remove nodejs

として消しちゃった

- by Mizuk