2015年12月23日水曜日

Laravel Tokyo Camp Vol.4参加させていただきました

12/21のLaravel Tokyo Camp Vol.4

https://laravelers.doorkeeper.jp/events/36100

こちらに参加させていただきました。

正直dots.の会場が豪華すぎてビビりました。

私のLTはこれ↓
http://www.slideshare.net/mimizuk/symfonylaravel-56332299

LTはもう少しめりはりつけたかったのですが、
時間的制約など色々ありまして、、、
それでも暖かく見守っていただいた参加者の方々には感謝です!


Laravelイベントは初めてでしたが、
ぜひ次も出てみたいです。もっと自分でもコード書かなくては。

- by Mizuk

2015年12月12日土曜日

Symfony Con Paris 2015に行ってきました


2015/12/3,4パリで開催のSymfony Con Paris 2015に行ってきました(上はノベリティグッズの一部、イヤホンが入っているのが謎)。
会場はパリの真ん中の劇場。International Event!というわりには皆周りがフランス語ばかりしゃべっていて肩身の狭い思いをしましたが、イベント自体はさすが本家だな、というのと10周年というだけあって、普通のTech Conferenceというよりはお祭り騒ぎ的な部分もありました。
プレゼンターはSensioLabs出身の人もいれば、SymfonyユーザーのWEB/ECの会社だったりでしたが、プレゼンはコードとかは少なくてかなりピンポイントな話が多く、面白かったです。すぐ使える知識かときかれればそうでもないですが(それは自分に応用力がないせい)、コンファレンスの賑わい具合を見ても、やはりSymfonyは日本に比べるとヨーロッパでは認知度と普及度が圧倒的に高いのかな、とも思いました。
プレゼンの一部で"Sorry Laravel People..."とユーモラスに交える部分もあり、SymfonyはSymfonyでまた進んでいく道があるのだと思いますが、これぐらいの楽しいノリのコンファレンスが、日本でももっとあるといいですねえ。

- by Mizuk

2015年11月8日日曜日

HTC Nexus 9 (2015)とキーボード

2012年モデルのNexus7を辛抱強く使ってきましたが、Androidをアップデートするうちに、何をやっても遅くなってしまうことについに耐えられず、ここが乗り換えどきか、と思って、思い切って買いました。



左が、タブレット、右がキーボードの箱。
箱がこんな洗練された感じのとは想像していませんでした。
Apple製品はストアから始まってインタフェースも洗練されていますが、Googleもさすがな感じです。


キーボードは購入予定なかったのですが、店頭で並べて置かれているのを見てシンプルな英語キーボードであったのを見て購入してしまいました。
タブレットを外すと、USBケーブルとそれを一般電源につなぐ小さなタップ、あとは薄っぺらい説明書。
キーボードに至っては、絵の説明しかありませんでした。
どうせネットで 全部調べるからっていうことなんでしょうね。でもいいと思います。

店舗で触っている段階でわかってはいたのですが、若干重い感じがします。
あと厚みも 。
ただ自分は頻繁に持ち歩くことは考えず
もっぱら部屋用だったので今回はそれでよしとします。
使用感は前のものとほぼ同じで、ぬるぬる動いています。
以前はメーラーなどすぐ固まっていたのですが、そのあたりはさすがに軽快。
動画やゲームなども、大きいとやっぱりいいです。

初期状態で入っていたのはAndroid5.0だったのですが、
起動後、Wifiにつなぐと何度となくアップデートが走り最終的には6.0までアップデートされました。デザインは最近のフラットな感じのあれです。

安くはない買い物でしたが、Macbook Airにも似たような、愛着は湧きそうです。

- by Mizuk

2015年6月24日水曜日

nodejsで(?)また罠にはまったでござるの巻

https://laracasts.com/series/laravel-5-fundamentals/episodes/19

Laravelの勉強で
laracastsの一番基礎と思われるlaravel-5-fundamentalsに沿って、
やっていたのですが、
Assetsを使う章にいたって、

「gulpfile.jsをちょっといじって、gulpしてみると、ほら!」

とあたかも簡単になっているところで、
nodejsのgulpというやつを実行しようとしたのですよ。

ところが、途中でコマンドを中断してしまったのか、
何度gulpコマンドを実行しても、

$ gulp
/Users/kistsutsuki/Code/Laravel/node_modules/laravel-elixir/node_modules/gulp-util/node_modules/multipipe/node_modules/duplexer2/node_modules/readable-stream/lib/_stream_readable.js:562
});
 ^
SyntaxError: Unexpected token )
    at exports.runInThisContext (vm.js:73:16)
    at Module._compile (module.js:443:25)
    at Object.Module._extensions..js (module.js:478:10)
    at Module.load (module.js:355:32)
    at Function.Module._load (module.js:310:12)
    at Module.require (module.js:365:17)
    at require (module.js:384:17)
    at Object.<anonymous> (/Users/kistsutsuki/Code/Laravel/node_modules/laravel-elixir/node_modules/gulp-util/node_modules/multipipe/node_modules/duplexer2/node_modules/readable-stream/readable.js:1:90)
    at Module._compile (module.js:460:26)

    at Object.Module._extensions..js (module.js:478:10)

色々調べてみて、
そもそもHomesteadでやっている場合はVM側でなくてホストマシンのほうでnpmを入れていきなさい、とかそういう情報は見つかって、確かにそうすると

gulp@3.9.0 node_modules/gulp
├── pretty-hrtime@1.0.0
├── interpret@0.6.2
├── deprecated@0.0.1
├── archy@1.0.0
├── minimist@1.1.1
├── tildify@1.1.0 (os-homedir@1.0.0)
├── semver@4.3.6
├── chalk@1.0.0 (escape-string-regexp@1.0.3, ansi-styles@2.0.1, supports-color@1.3.1, strip-ansi@2.0.1, has-ansi@1.0.3)
├── orchestrator@0.3.7 (stream-consume@0.1.0, sequencify@0.0.7, end-of-stream@0.1.5)
├── v8flags@2.0.7 (user-home@1.1.1)
├── gulp-util@3.0.5 (array-differ@1.0.0, array-uniq@1.0.2, lodash._reescape@3.0.0, beeper@1.1.0, lodash._reevaluate@3.0.0, object-assign@2.1.1, lodash._reinterpolate@3.0.0, replace-ext@0.0.1, through2@0.6.5, vinyl@0.4.6, multipipe@0.1.2, lodash.template@3.6.1, dateformat@1.0.11)
├── liftoff@2.1.0 (extend@2.0.1, rechoir@0.6.1, flagged-respawn@0.3.1, resolve@1.1.6, findup-sync@0.2.1)
└── vinyl-fs@0.3.13 (graceful-fs@3.0.8, strip-bom@1.0.0, defaults@1.0.2, mkdirp@0.5.1, through2@0.6.5, vinyl@0.4.6, glob-stream@3.1.18, glob-watcher@0.0.6)

この出力はでてくるようになるのだけど、
そのあとにgulpしようとしてつまづく。

よくよく前をみてみたら、unmet dependency なるものがあるのに気がつく。

npm WARN unmet dependency /Users/kitsutsuki/Code/Laravel/node_modules/laravel-elixir/node_modules/gulp-notify requires gulp-util@'~2.2.12' but will load
npm WARN unmet dependency /Users/kitstutsuki/Code/Laravel/node_modules/laravel-elixir/node_modules/gulp-util,
:
:

stackoverflowでずばりなテーマの質問がありました。

これがでてきたら、問題があった階層のひとつ上のモジュールを手動でインストールするように

との答えに一番票が寄せられていたので、

npm install laravel-elixir --save-dev

いい感じで、結果のdependencyのツリー表示が出る。

npm install gulp --save-dev

できる。
そしてもう一度

gulp

したら、あらふしぎ。

[01:27:51] Using gulpfile ~/Code/Laravel/gulpfile.js
[01:27:51] Starting 'default'...
[01:27:51] Starting 'less'...
[01:27:51] Running Less: resources/assets/less/app.less
[01:27:52] Finished 'default' after 716 ms
[01:27:54] gulp-notify: [Laravel Elixir] Less Compiled!
[01:27:54] Finished 'less' after 2.73 s

たぶん最初のnpm install gulpのときに何か時間がかかっている気がして、
途中でCtrl+Cしてしまったのが、何かを壊してしまったのかもしれないです…

こまぎれの時間で、コマンド打ちながら勉強しようとすると、
こういうところでつまづいて結局こういう
不毛な調べ物をする羽目になったりするのですね。

ああ。

- by Mizuk

2015年5月24日日曜日

Ruby on rails チュートリアルの勉強


一人ではモチベーションが落ちてしまうので、
『Ruby on Rails チュートリアル』解説セミナーに参加させていただいています。
有料ですが、公式のチュートリアルのドキュメントの1章1章を
1時間半くらいの短い時間で凝縮して勉強できます。
ビデオ教材などもついてくるので、予習/復習も便利。

といいつつ、ほかにもやりたい言語はあるのですが、
Web系ではRuby on railsは手堅いんじゃないかと思って、
頑張っています、、、


- by Mizuk

2015年3月1日日曜日

Ruby on Rails YosemiteのMacBookAirに構築

Ruby / Ruby on Rails ビギナーズ 勉強会 #3に行ってきたのですが、
環境構築をちゃんとしていかなかったために
結局その場でほとんど構築に時間かけるはめに。

最初はVMにやってたんですが、
どんどんインストールものが増えてきて遅くて遅くてしょうがないので
直接Macに入れることにしました(本当はいやだったのですが)

つまづいた点は以下のようなところでしょうか。

-rubyインストール手順

-brewがおかしくなる件

-vオプションをつけると、途中経過が見れる

Libxml2 missing mac os x 10.10




- by Mizuk

2015年1月2日金曜日

OSX yosemiteのPython環境構築

新しいyosemite環境も手に入れたことで
今年ことはデータサイエンス!
ということでPacktPublishingのこんなeBookを買ったのだが
序章でまず「RとPythonをインストールしましょう」

ハマりました。

既に先達で悩まれていた方はいたようなのだが、

http://blog.freotree.com/develop/problem-when-build-python2-7-to-mac/
2014-06-06 Mac OS に Python を MacPorts でインストールする。
MacでPython環境を作る時に気をつける事

最終的に倣ったのは最後の3番目の方の手順。

とりあえずbrewインストールはyosemiteになってからうまくいかない 先日の件(10.10の条件式の件)が解消できないので、
MacPortsでやる方法を選んだ。

1. (Xcodeは既に入っている前提で)appleのdevelopersサイト からCommand Line Tools (OS X 10.10) for Xcode 6.1.1 をDL、インストール
2. python27のインストール
sudo port install python27 sudo port select --set python python27 port select --list python  3. setuptoolのインストール
sudo port install py27-setuptools
4. pipのインストール
sudo port install py27-pip
sudo port select --set pip pip27
5. virtualenvの設定
 sudo port install py27-virtualenv py27-virtualenvwrapper
sudo port select --set virtualenv virtualenv27
おわると.bashrcに追加されている。

export PATH="$PATH:$HOME/.rvm/bin" # Add RVM to PATH for scripting
# virtualenvexport WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvssource /opt/local/bin/virtualenvwrapper.sh-2.7


2.はncursesというのでひっかかることが多いという話だったのですが、
例に漏れず、はまりました。

sudo port -f install ncurses
sudo port uninstall ncurses

を繰り返したり、エラー吐いたところででてきた

/opt/local/var/macports/logs/_opt_local_var_macports_sources_rsync.macports.org_release_tarballs_ports_devel_ncurses/ncurses/main.log
を見てみたり。

基本中の基本かもしれませんが
途中で、何かがうまくいかないときは引っかかっているところでは
ログのほかにも
次はこれを試してみなさい、
と出ているのですが、うまくいかなかった分については

python clean XXX

も途中でやってからもう一度port installしないといけなかったよう。
たとえばよくわからない動作を繰り返すうちに

Error: org.macports.fetch for port gtk3 returned: fetch failed Error: Failed to install gtk3Please see the log file for port gtk3 for details:    /opt/local/var/macports/logs/_opt_local_var_macports_sources_rsync.macports.org_release_tarballs_ports_gnome_gtk3/gtk3/main.log Error: The following dependencies were not installed: gstreamer010-gst-plugins-base gnome-vfs gconf gtk3 orbit2 libidl policykit mozjs17 nspr xorg-libXt libogg libtheora libvorbis orc coreutils xorg-libXv lcms2 mesa xorg-libXmu xorg-libXxf86vmError: Unable to upgrade port: 1

なんて出てくるのでできなかった分全部インストールしたれと思うと

$ sudo port install gstreamer010-gst-plugins-base gnome-vfs gconf gtk3 orbit2 libidl policykit mozjs17 nspr xorg-libXt libogg libtheora libvorbis orc coreutils xorg-libXv lcms2 mesa xorg-libXmu xorg-libXxf86vm--->  Computing dependencies for gstreamer010-gst-plugins-base
--->  Cleaning gstreamer010-gst-plugins-base--->  Computing dependencies for gnome-vfs--->  Cleaning gnome-vfs--->  Computing dependencies for gconf--->  Cleaning gconfError: Requested variants "+x11" do not match original selection "+universal+x11".Please use the same variants again, perform 'port clean gtk3' or specify the force option (-f).To report a bug, follow the instructions in the guide:    http://guide.macports.org/#project.ticketsError: Processing of port gtk3 failed

:
:

なのでclean

$ sudo port clean gtk3--->  Cleaning gtk3

もう1回やってみる

$ sudo port -f install gtk3--->  Computing dependencies for gtk3--->  Cleaning gtk3--->  Updating database of binaries--->  Scanning binaries for linking errors               --->  No broken files found.

と、うまくいく


$ sudo port install gstreamer010-gst-plugins-base gnome-vfs gconf gtk3 orbit2 libidl policykit mozjs17 nspr xorg-libXt libogg libtheora libvorbis orc coreutils xorg-libXv lcms2 mesa xorg-libXmu xorg-libXxf86vm

のような。

あとインストール作業なので基本的にsudo権限。

numpy関連は下記で一発。

$ sudo port install py27-numpy py27-scipy py27-matplotlib py27-ipython +notebook py27-pandas py27-sympy py27-nose

- by Mizuk